カートをみる マイページへログイン お買い物ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ETHICについて

アドバイザー

ETHIC社の商品はトルコ国内60都市、1500箇所にて販売をしております。
開発アドバイザーの医師、薬剤師などのセミナーも社内で行い、商品開発に力を入れております。

ベインクリーム他、ETHIC社製品のコンセプトを皆様にお伝えいたします。

〜トルコ・オスマン朝時代から伝えられている肌を美しくする為の植物の効果を、現代に伝えています〜

トルコ人の男性は、女性を見る目が厳しいと有名ですがそんな環境の中で、トルコの女性は古の知恵を借りてより美しくなろうと日々努力をしています。

そのような背景には、トルコでの歴史が深く関係しています。

昔、オスマン朝(1299年〜1923年)のハレムの部屋で生活していた女性たちの話は現代にも伝えられています。オスマン朝王の永遠の幸福や遊びに貢献している女性の美しさへの執念は歴史を変えるほど強かったと言われています。

ハレム内で女性たちは、楽しい生活をする為に秩序を守っていました。
女性達の望み、それは王の目に留まることや、王の好みの女性になることでした。

ハレムの大多数は、東洋の美しさでよく知られているカフカス(コーカサス)の女性たちから成り立っていました。女性たちは美しさと同じほど健康的でいることも重要なことでした。ハレムに入る為のテストに合格した女性達は、そのあと王に会うまでに、色々な準備が必要でした。
美を保つ為に女たちは大変苦労していたそうです。

最初はハマム(トルコ風呂)に行き、体を清めることか始めました。
肌を白く美しく、そして体を引き締める為には、石鹸で体を荒い、あかすりなどをしてもらっていました。泡で体を洗ったあとは、水分補給のために、花々のオイル(サルビア、ラベンダー、アーモンド、ゴマなどの)を塗りこみマロニエの実、オオバコ、麦、などの植物のオイルから作られたオイルを塗りこみ、美味しい食べ物も積極的に取り入れていました。

体を清めた後は、一度睡眠をとり、その後、化粧、着替えを行います。その準備が終わった後、やっと王に会えるのでした。

古代の王たちは女性の身体の細部まで美しくあることを求めました。
白く輝く肌はあくまでも美しく完璧なものでなければなりませんでした。

ETHIC社製品は、このトルコで古来から伝わるハーブ処方を、現代の技術と融合させ加工しており、数多くトルコ女性たちに愛用されています。

ページトップへ